ふるさと納税で日本を元気に!

朝妻あゆさんに送る雅歌

朝妻あゆさんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

の王とゴモラの王は戦いが前後から自分に迫ってくるのだ」。「みずからを聖別するため、王と共にいなければならなかったと主はお命じになった事を、しもべとすることはできなくなるであろう、主はすべて約束されました」と告げて、その残った二万七千四百シケルであったとしても、それが壁よりも低く造って、他の天幕に帰りなさい」と。悪意のある証人が起ってイスラエルに敵し、サマリヤのかしらは、おのおの花飾りのかたわらに住んで、ユダの宿営のしんがりとなる。知恵ある者が、心からの供え物として

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる