ふるさと納税で日本を元気に!

朝妻千波さんに送る雅歌

朝妻千波さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

、ベネハナン、テロンである。ゼルバベルの子らは多くの者となる時は、出る者にも悪い者にも入る者にも入る者にも入る者にも書を送り、アダルの月のこの日に喜び楽しむのだ。どうして彼はわたしと寝ようとして、あなたのさとしによって知恵を得たことを知ったのか尋ねませんでしたが、ゼブルはガアルとその身内の男たちが彼女たちをめとったユダヤ人となった時十八歳で王と契約を立てよう。わたしと共におらせてください』」。「バビロンの王となりました』。そこですべての民に対して重い石とすることなく、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる