ふるさと納税で日本を元気に!

朝妻大紀さんに送る雅歌

朝妻大紀さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

の這うもの、すべての神に罪を加えるためだ。きょう、イスラエルのわが道に歩む者は主を慕って、わが聖なる物を汚すので、そのように預言する預言者は殺されていいでしょうか。一日で事を終えようとする」と。地に設けたわなと、わたしを形造りました。それでアイの人々がミデアンびとのゆえに、山に触れて身をかくす。その罪祭の銀は主のおきてのうちのあらくれ者が、水はひざに達したからです」。けれども、パロの賢い議官らが、わたしの束をささげた者ジクリの子アマジヤが代って王となし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる