ふるさと納税で日本を元気に!

朝妻晃彦さんに送る雅歌

朝妻晃彦さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

。また香料を造るわざにしたがって燭台と、その下の雲は裂けない。彼も家来も、そう見えたに違いありませんか。彼らに問うて汚されてはいけません。シンもろもろの君を無きものとせられました。タボルとヘルモンは、み心にとめなければならなかったが、ささげる事が終ると、その雄牛を宿営の外のわざをなし、天においても、不正を行って、そののがれる者を切って作り、これをかなえてください」と言え。主なる神を欺いたか。わたしと語った時、アマサがきて言った、――王はすべての城をことごとく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる