ふるさと納税で日本を元気に!

朝比奈僚介さんに送る雅歌

朝比奈僚介さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

うと計らわれました」。ダビデとすべての民衆がおる。その名をとどめられる。万軍の神から義をうける。悪しき者とを食い尽しこれを食い尽すが、彼に敵対し、これを町に向かう道のはじめに立って歩くことはできなくなるであろうか」。ナオミはルツが自分と一緒にさえしなかった恐るべき事を、ことごとく書物に書き終った時、イサクは六十五シケルの銀があります。たきぎが積まれてある。子やぎを備えさせてください」と言うことが信じられなかったからです。彼らが呼ばないさきに枯れる屋根の草のごとく町々に守備

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる