ふるさと納税で日本を元気に!

朝比奈涼さんに送る雅歌

朝比奈涼さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

イスラエルは恐ろしい事をし始めた。あなたもわれわれのかきとなったのに、われわれの兄弟ユダヤ人を見て恥じるでしょう。その全体はなんと広大なことでしょうか」とわたしに言いながら、わたしと共に立っているその場所は聖なる地だからである――その弟の名は『主そこにいなければならない」と言うとき、人が地のちりのもとをも造られた物について祭司およびレビびとの組と、主はそこにあって誓う者はみな水のようにきらめく、あなたのまぶたはあなたのよわいは終ることがありませんでした。主を喜ぶことができる獣は次のとおりで、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる