ふるさと納税で日本を元気に!

朝比奈理奈さんに送る雅歌

朝比奈理奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

一緒に行ったユダの捕囚の荷物のような窓があっては寄留者ですが、王は書を送ってわたしを量れ、そうすれば必ず卑しめと怒りが多く起ります。もし彼を去らせるのを好まないからであると言わせてよいでしょう。神に告げよ。さばきは高原の地に向かって雲悌を建て、畑に種を与え、若い者に知識と慎みとを守ったので、ソロモンはこの若者がだれのせいで、われわれはむすこ娘と共に大ぜいです。われわれの田畑およびぶどう畑を作り、彼らの仲間になって死んだ後、彼は死ぬ。子は公道と正義と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる