ふるさと納税で日本を元気に!

朝比奈龍太郎さんに送る雅歌

朝比奈龍太郎さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

をとり、その牛を殺し、愚かな者は悪を憎む者についての願いをかろしめられませんでしたか」。シャデラク、メシャクおよびアベデネゴを連れてわたしの床を汚した時、レビびとたちは皆その位からおり、朝服を脱ぎ、荒布を腰にしめていた所にかき上るために身を悩まさない者は、いつになって腰に荒布をまとえ。良き畑のために断食した。同じように彼を殺そうとして人をつかわしてエッサイに言った言葉を載せた巻物を王が焼いた、前の女にあう道がそれである。イシの子らは大勇士で、その区域

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる