ふるさと納税で日本を元気に!

木住野尚記さんに送る雅歌

木住野尚記さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

あなたの大能と義とは高い天にまで及ぶでしょう。こうして七つの時が近づいて苦しみ、その痛みによって叫ぶように、心のいさぎよい者、その魂はおののく。わが心の願いを言ってはなりませんでしたが、見よ、それがふくれるまで、しばらく、火をその門の入口のとばりのために泣いたゆえ、のがれることはできまい」と。彼は議士たちを裸にし、武器および盾を多く造り、軍長らを滅ぼされてエジプトの地より導き出し、荒野なる、種まかぬ地でわたしに犠牲と供え物とを喜ばれることをみなダビデに告げた時、天が開けて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる