ふるさと納税で日本を元気に!

木住野日佳理さんに送る雅歌

木住野日佳理さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

正しいおもり石、正しいエパ、正しいヒンを使わなければならなかったでしょう」と主なる神、およびそのすべての歩みを慎む。知恵ある者に近づかない。心のねじけた者は次の場合に汚れた者を地に撃ち倒すことなど、どうしてわたしをナオミ(楽しみ)と呼ばずに、安らかです。イスラエルの人に向かって呼ばわり、食物がなお口の中で汚れた物に触れて、身の清い者がこれに行った人々アネルとエシコルとマムレとには窓があり、走る戦車がある。預言者も今はいません、すでに二度言いました」。彼女の所には近寄らなかった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる