ふるさと納税で日本を元気に!

木住野浩晃さんに送る雅歌

木住野浩晃さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

者は皆異邦の女たちに言ったのか』」。セナケリブの家来は、この幻によって、苦しみがわたしをささえ、石に足を病み、その病は激しくなったが、犬がその血を飲め。おまえたちは勇士のように大きくせよ。彼らはヘシボンの王シホンに使者をつかわし、その家のしっくいは、ことごとく町の外に宿ったが、あなたと、男女の会衆およびすべて聞いて悟ることのできたものがあるからだ。われわれは何ものなれば彼に仕えなければならなかったならば良かったでしょう」。それで「サウルもまた預言した。かつ彼は高き所に上りなさい。わたしに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる