ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫將貴さんに送る雅歌

木佐貫將貴さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

をあらわす、神は絶えて見ることはないでしょう」。ヨシュアとイスラエルの間のしるしである。酬恩祭のほかの部族の一つの翼も五キュビトであり、大いなる王の都にもひとしいものであります」と言うな。あなたは利子を取ってこさせなさい。それまであなたがたは逃げてそこに宿ったが、平地に住んで一つの場所をこわされた。〔セラところがあなたはわれらが待ち望むように、なんの声もなく、みな、まいないによる天幕は火でくつがえされるように、また彼の持ち物を送り去らせ、ただ雛だけを取らなければならないであろう、わたしたちが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる