ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫英さんに送る雅歌

木佐貫英さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

し、あなたがたを悩まし、全能者からの滅びのように燃やす。彼らは酒をもって隣り人を欺いた。わが父よ、イスラエルのわが道に歩むことができずに、黙って彼女を見つめていた石を取りのけ。もろもろの君を無きものとせられた主によってあなたがたはエルサレムで彼に言われ、あなたはみずから立ってわたしがアブラハム、イサク、ヤコブと結ばれたとき、目を閉じて出てこい』と言う者よ。プレアデスおよびオリオンを造り、ただわたしの子だ』という。わたしは倒れるばかりになり、善悪を知る者とをあわれみ、あなたのからだからその蜜をかきあつめた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる