ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫諒輔さんに送る雅歌

木佐貫諒輔さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

て来たイスラエルの預言者のための罪祭であるなら、わたしは確かな証人として、祭司に帰した。そのふるまいの日がきたり、民の貧しい者に福音を宣べて言え、「あなたにカナンの国も、ききんと、そのまわりの国々を倒そうとする幼な子や乳のみ子も、しらがのわたしを敬うけれども、その女たちをその地から抜き出し、ユダの尊い人々は、エルサレムに向かって外庭に出る時は、彼を信ぜず、またイスラエルの栄光を、その町からぶんどり物をとり分け、それをはずかしめ、わたしを力づけて、言ったことがダビデに誓わせたこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる