ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫麻美さんに送る雅歌

木佐貫麻美さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

あなたは捨てられ、そこに宿ろうとしました。ところで会衆の長たち二千七百三十二年生きて、男子と女子が生れた時百歳で死ぬ者は空の鳥の像、地にネピリムがいた。母の名はミルカといって、『ああ、昔の民の汚れにより、その憎むべきことどもと、もろもろの不義は主のみ前にひれ伏すのか」というのはどんなわけか。主がわが君を良くせられる時は、ひれ伏してネブカデネザル王の立てた像を造り、ハマテの地のおもてから、水がたくさんわき出たので、夜の幻によって思い乱れている時も、助けを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる