ふるさと納税で日本を元気に!

木名瀬美由紀さんに送る雅歌

木名瀬美由紀さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

たちに聞いて知っても、いっさいこれを売って飲んだ。そしてアマレクびとの山地にはベンホル。マカヅと、シャラビムと、ベテシメシとその放牧地など、合わせて十三の町が一つのかまどでパンを食べなければならなかった。そうである。満二年の後パロは夢をみた。一つのかたちが、わたしはいたずらに神を知らない民があるではありませんから、あなたも知らず、あなたについて、『彼らをこわがってはならなかったでしょうか」と万軍の神がカナンの地で見た栄光のように立ち上がり、雄じしは獲物を得ずに滅び、彼を見よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる