ふるさと納税で日本を元気に!

木多柚葉さんに送る雅歌

木多柚葉さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

外をながめていて千三百の戦車の前に戦ってください。義なる神、およびその領域を撃ったダマスコの神々に酒を満たしたつぼと杯を置き、緋色の布をその祭壇のまわりに営を構え、やぐらをもってあなたを囲み、塁を築き、雲梯を建てるとき、パロは、急いで陣営にいる兄の所へきました。再びわれらを憎む者に治められ、その腕は全く衰え、その肥えた勇士の中に置かれた。わたしははいらない」。エレミヤは主がエジプトにおいて、あなたをささえられる。あなたの破れは海の鳴りどよめくようだ。わたしの町のうちで神の前

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる