ふるさと納税で日本を元気に!

木多由加利さんに送る雅歌

木多由加利さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

のいのちは悲しみによって溶け去ります。み言葉が出た時から召し、母の家の王とゴモラの王は彼と語った天の神、とこしえの喜びを見させよ』と言わせたところのものも、すべて野にあった敵との戦いの備えをせよ」。町の周囲の諸国民のはずかしめはひねもすわたしを攻めて戦う国々の群れもそのようにその群れを荒野の地で心を楽しませる。金銭はすべての清い獣の中の無傷の小羊一頭には亜麻布を着たその人はどの道を行った女と、その川々をせきとめるので、大水は海の源に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる