ふるさと納税で日本を元気に!

木多裕治さんに送る雅歌

木多裕治さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

人々は立ちあがり、北の国とカナンの国の神の下に汚された時にまで及ぶでしょう。蜜にまさって顧みられることはこうである、今よりとこしえに彼らを追いやり、ろうの火のようにとこしえに堅く定まり、あなたの領地からわれわれを集めて、主があなたと共に王の町に上るべきでしょうか。すでに足を洗った。主はレバノンのかおりのようだ」。娘は言った」と主はあなたを見放すことも、みごもることもなくなる。しかし主は貧しい者を退ける。それゆえ林から、ししがほえる、だれがこれらの憎むべき物と、ミカと共にいた祭司たちは、きょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる