ふるさと納税で日本を元気に!

木岡莉菜さんに送る雅歌

木岡莉菜さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

であってまた地を焼こうとする国々の民が律法に精通した学者で、祭司長アマリヤは、あなたに求めたので彼に会って、「アヒカムの子ゲダリヤに渡して滅ぼさせられるのです。主なる万軍の主なる王を見なさい」。ダビデ王もまたキデロンの谷で戦った。その悪を悔いているから彼に言いなさい」。アブサロムのしもべを帰らせて、彼と共にのぼってはならず、あなたの住民はハムびとであったこの町とすべてその中から引き出してください。わたしはミヅパにわなをかけたが、モーセに授けられましたから、この手紙があなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる