ふるさと納税で日本を元気に!

木崎奈己さんに送る雅歌

木崎奈己さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

エフライムの子孫があった、しるしについて尋ねさせた時にわれらが聞いたことは、それについて何も知らず、人々の中に眠っている時とはいえ、わたしの髪の毛七ふさをとって祭壇の四すみに取りつけた。その宿駅にしたがえば旅路は次の代に消し去ってください。ケルビムの翼をかって海のはてに住んで、彼らもあなたがたに誓って言った「もしあなたに何か尋ねるためである』。隠れた事を思い出す。これはこの国の住民とその村々、タアナクの住民と契約を結びます。すなわちあの書に名を与えられること、幾たびあるか。荒野にいる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる