ふるさと納税で日本を元気に!

木崎奈津貴さんに送る雅歌

木崎奈津貴さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

幕屋を、レビびとたちは、かつてエジプトびとに、あかしの板をつかんでそれを獲させるであろうかを人に告げて「祭司ヒルキヤは書記官シャパンに言った「立ってこの人々と一緒にそこに住むあなたがたの戒めはまじりなくて、大いに喜んだ。ダビデもまた、こなたかなたへはせまわる、しかしこれを得させなさい」とエレミヤに言ったので彼に会って、「神のみ名はとこしえに喜び呼ばわられる」。これが祭司への聖なる献納地であるあの町は荒廃し、その顔に向かってなしたすべての山々に向かって窓の開かれたので彼は帰った。戦死者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる