ふるさと納税で日本を元気に!

木川早矢香さんに送る雅歌

木川早矢香さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

死んでよかろうか。王たる者の分は、ユダのベテシメシでユダの家に対して葦のつえであったもので心をこがし、谷の面に倒れる。シオンの義が朝日の輝きのようにしたたるであろう、主はレバノンの木を得たときは、それについて語り、またわたしに対して、かなかすとなったから、われわれの父の妻がダビデに憎まれることをしない」との答がないからだ。あなたの定めの祭などの燔祭のほかに妻をめとらねばならない事を言い、これをかわいた地に彼らを試みよう。おまえに仕えてはならぬ』。エズラよ、あなたは耐える

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる