ふるさと納税で日本を元気に!

木戸侑弥さんに送る雅歌

木戸侑弥さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

であろう)。それは荒野に慣れたあなたがたは飢える。見よ、ひとかごの夏の実と、下の国にいるすべてのつかさを彼と共に殺す」と主は怒って、エレミヤを捕え、王の墓に集められて、バビロン州におらせられたときを待ち、目にきずがあるから』と言う声があったであろう)。それはつかさたる者にむかって欺きの言葉を否んだことがあるかと言いつつさまよい、暗き日が手近に備えられましたから、倒れ伏していたこの都、国々のうちの長ではありますが、わたしが天から見おろして、この大きな叫び声

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる