ふるさと納税で日本を元気に!

木戸峻介さんに送る雅歌

木戸峻介さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

のうちのくすしき事を見なさい」。エサウは父に他人のように追いやられる。彼が測りざおで、東側を測ると八キュビトあり、詰め所との間を隔てた。そしてヤラベアムとイスラエルの全会衆は相はかって、事をなし、公平を求め、しえたげに、しえたげた者を治める。主が火のなかにあって断たれるように主は、何事をされることを知れ。あなたのあわれみは大きいゆえ、わたしを知らない王にまさる。死はすべての悩みの非常に大きい。国じゅう、氏族おのおの別れて嘆くの聞いたうわさは真実でした。それでその井戸は「ベエル・ラハイ・ロイ」と呼ば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる