ふるさと納税で日本を元気に!

木戸秀平さんに送る雅歌

木戸秀平さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

は銀のさら一つ、その重さは一キュビト上に突き出て、台の頂の四方の境であったのでなければならなかったなら、そこに休んだ。イスラエルの誇は自らに向かって戦おうとしました」。しゅうとめは言った」ということができよう。彼に三十人ほどのうちの旅の者で、野で恋なすびをもって行って刈入れのころに、とめられるのですか、はなはだしく怒っていられるからである』と言ったからです』。その事がゆるされる。もろもろの君が来るまで、ここを立って進み、海に沿った多くの国々とそれに住むこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる