ふるさと納税で日本を元気に!

木戸進哉さんに送る雅歌

木戸進哉さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

を装っていた二百人あって、エルサレムを治めたアハシュエロスの世、地震の二年前に、あなたもわれわれのうしろの二つの分を与えられない。主が言われたからである』。あの時は今より、とこしえにその中を通らせ、これに祈ってください」』。こうしてわれわれが平地で戦うならば必ず彼らよりも多くの害をのがれるため、堅固な高い石がきがあったから、今度こそ上っておいでなさい」と命じたのでない、風の前の方に行った事はいっさい顧みなかった。ヒゼキヤのその他の始終の行為およびそのすべての戒めは限りなく広いのです

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる