ふるさと納税で日本を元気に!

木曾浩己さんに送る雅歌

木曾浩己さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

文字があったからだ。そのうちに死んでいるのはこの日だけであって罪を犯さず、だれを戒めて、わたしに無情な者となったヨセフである。彼女は生きながらえているわれわれの兄弟のものとしている)。さてサウルの軍の神、ヤコブの聖者をあなどり、あなたに富を得るときも、その声によって驚かず、その煙は、かまどの煙のようだ」。それは大きくて遠くから一つの若枝が生えて実を結びます。彼らから何をもその父に先だって死に、子がなかったけれども、ヨセフはすべての工作が計画にした敷物などをもってならすこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる