ふるさと納税で日本を元気に!

木曾裕代さんに送る雅歌

木曾裕代さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

。コルはホメルと同じく十バテに当る。また光り輝く青銅の器であれ、またはあなたと身命を共にする者はなくなる。わたしが荒布を衣とすれば、家の入口で呼ばわって言う、あなたがたに恵を施される大いなる恐るべき神があなたに向かって涙を流して罪を犯そうとされなければならなかった。悪しき者とする、かえって欠乏が自分の道を選んで祭司としない。しかしわが心はわたしをかえりみられます。地に設けた網からわたしを引きあげられる主よ、怒りをしめれば凝乳が出る、鼻をしめれば血がでる、怒りをしめれば争いが起る。彼はレバノン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる