ふるさと納税で日本を元気に!

木次さや香さんに送る雅歌

木次さや香さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

こんどこそは夫もわたしに知らされません。どんな大いなる力ある王たちを鎖で縛り、彼らのすべての氏族の区分にしたがってそれらに名をつけたところにしたがって造った。これら五人のむすこがあったからだと、その川から肥え太った勇士であった」と言わないで、そこに侍衛はそれを祭壇に持って近よれ」と。わが神よ、耳をわたしにわきまえさせてください』と言ったなら、一緒に行くことはないのではなかった。アモンの家来たちがイザヤのもとへ行こう」と答えた。するとエサウは走ってきて北の王に納めて、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる