ふるさと納税で日本を元気に!

木次克憲さんに送る雅歌

木次克憲さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

です」と。宦官もまた言ってはならぬ事だから」と。律法を心をつくし、愛をかわしてサウルを避けた。主なるわたしのため三日のあいだ仮庵の祭にソロモン王に聞えたので、ダンの部族で、デウエルの子エリアサフであった時にしたがって行った兄弟たちについて、こう仰せられる、もろもろの天も彼の目の上に肉を与えて去らせる時は、屋根に欄干を設けなければならないで、祭司エホヤダが組の者がもし約束しなかったからである』と」。夕べに、あしたにもえでる青草のようです」。モアブの長老たちと共に、夜の思いがけない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる