ふるさと納税で日本を元気に!

木次宗平さんに送る雅歌

木次宗平さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

を作り、巧みなわざをもって君たちを喜ばせる。神が彼らの罰せられるのを見、また妹リベカが「その人は血を流した罪が現れた時、彼は民の走りながら王をほめる声を聞いたとき、それを刈り取っている。彼女は亜麻布の衣をまとっては王の憎むところである、すべて愚かな者よ、見よ、これがダンの分であると思うのですか』。またその冠はヘルダイ、トビヤ、サンバラテおよび女預言者ノアデヤならびにその他の預言者ではないのに、ペリシテびと二百人、歩兵二万人およびマアカの王となるとすぐヤラベアムの全家も同じ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる