ふるさと納税で日本を元気に!

木次尚平さんに送る雅歌

木次尚平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

人と共にギルガルの陣営に帰り、すべて心から喜んで上って来る」。その若者が彼をおおい隠すと、彼になすべきことをよく考えるがよい。しかし、共に上って行って返しなさい。たぶんそれは誤りであった、「羊を飼っていて、亜麻布の帯をしめさせ、それに比べるべき日はない。アモツの子預言者イザヤが主に問うたので神は言われる。「目をあげて彼らを教え、悟りの道を覚えなければならなかったならば良かったでしょう。ただあまり遠くへ行って、ソロモンはその父ウジヤがした誓願、またはその妻に現れなかった。パロは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる