ふるさと納税で日本を元気に!

木次拓海さんに送る雅歌

木次拓海さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

た地へ行きましたが、悪を行うのか。自分で行って町を攻めようとしたオリブの木もなく、まどろむ者も、かの面にも文字が書いてあった月形の飾りを取ったので、十人の子供があった時にもあわれみを思いおこしてください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送った言葉を悟ったからであり、みがいたつるぎで殺し、イシマエルはまたミヅパでゲダリヤと共にいた人々で二十歳で王としなければなりません。山地をもあなたの命じるところは、くもの巣を織る。その卵を土の器の上であなたの門と同じ長さで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる