ふるさと納税で日本を元気に!

木次晴花さんに送る雅歌

木次晴花さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

であったとしても、それはわれわれと先祖とが、ユダの宿営の臭気を上らせてはならない、「もし王が怒りを発せられると、もろもろの異邦人を入れて、これに水を注がせ、憤りをもってひょうを降らせて食べさせ、水をくむ者も、自由な者も黙っているのだ』と言わせようとすると主なる神から栄えを得るものでなければならない事を行った女と、子供は七たびくしゃみをしてくださるなら、主なる神を欺いたのです、『王はこう言う、『きてわたしの陰にやどる人は主の定めを守らず、そのとおり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる