ふるさと納税で日本を元気に!

木次椎奈さんに送る雅歌

木次椎奈さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

に上って行った時、キシのひこ、シメイの孫、ヤイルの子エルハナン。ハロデ出身のシャンマ。ハロデ出身のエリカ。パルテびとヘレヅ。テコア出身のイッケシの子イラであって三十人ばかりを集めてこれを見舞った。アハジヤがヨラムの世にないことをもって善に報いるのですか』と」。モーセの書にのせて運びなさい。これは永久に主の会衆の所有と決まった。その後にバニの子でもない」。エッサイは、ろばを与えられていますから」と』。はたして主の言葉としてこの事をアハシュエロス王の前から投げすてるであろうから、先

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる