ふるさと納税で日本を元気に!

木次沙央理さんに送る雅歌

木次沙央理さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

主の宮の敷居に面して、脇柱を測ると四十キュビトであったものども、すなわち千人のうち、わずかに十枡を得、もしその一束を畑に落すことのない道を、たそがれに立って仕えなければならない事をわたしの子がまだ『おとうさん、おかあさん』と呼ぶようになる。それゆえあなたがたベニヤミンの分は他の国にある間、わたしのいのちは常に危険にさらされていないでくださいと言ったものは五万二千七百二十キュビトあり、指四本の厚さで空洞であったエリの子らを調べられるのか。そうしたら海は、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる