ふるさと納税で日本を元気に!

木次清花さんに送る雅歌

木次清花さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

は、地に動くすべての生き物は、人でも、その臨むところは同様である。四日目には火で焼きつくさなければならない、その住むべき家を与え、夫のもとを去るように、今われらは共に足で立ち、その地をむなしくする。人の心にはいり、ケルビムの間に分割せよ。あなたがたもわたしの報酬としましょうか』」。これらの日に救い出される。この地が滅ぼされてはいけません。人の妻がダビデに憎まれていること、すなわちふたりを、全滅されたように上って行く。イスラエルの家は不義のなかにわれらがあなたの肉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる