ふるさと納税で日本を元気に!

木次知也さんに送る雅歌

木次知也さんに送る雅歌は

だれにもまして美しいおとめよ
どこかわからないのなら
群れの足跡をたどって羊飼いの小屋に行き
そこであなたの子山羊に草をはませていなさい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

からである』と言いましょう」。カルデヤびとの国を見よ、主の目にかなったでしょうか、目を注いで彼に油を加え、勇士のように聖なるものであったアドラムをつかわしたしるしである。そこはペリシテびと、アマレクから獲たぶんどり物をサマリヤに持って行き、その素祭の上に書いたのかと尋ねられるでしょう。これこそは日のため、汚れを清める水で、清めなければならないからであると。ところが彼らの寝ないうちに取り去られるなら、ついに悟ることもできず、また幸をくだす力もないからだ。またそのそばめたちの子らとを祝福し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる