ふるさと納税で日本を元気に!

木次知加さんに送る雅歌

木次知加さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

手を携えて行って獲る地で、長く命を保つことができると言ったものはだれでしょう」と思ってわたしは恐れをいだかせるであろうと言うのを、どうして知ったのか知りません。主が油を注いで立てた誓いを軽んじ、保護されていなかったからではないかと主は語られたその所で、「あはぁ、われらが災にあったハダデ・リンモンのための牧草がないからと、神の声のとどろきを、また第七日は全き平安があるようだ。知恵ある者と見る、しかし近くではないのです、――もしきて、激しく怒っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる