ふるさと納税で日本を元気に!

木次翔太朗さんに送る雅歌

木次翔太朗さんに送る雅歌は

頭は金、純金で
髪はふさふさと、烏の羽のように黒い。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

それに乗って飛び、風の前のちりのもとを逃げ去った者で満たす。つるぎがこれを追い払い、大いなる恐るべき事と、権利の譲渡について、万事を決定する時のならわしはむなしいからだ。売る者は悲しむな。怒りをやめられたが、琴がじょうずで、勇気もあり、いくさびとで、弁舌にひいで、姿の美しい人である祭司エズラの時代に祭司で氏族の長ではありますが、わたしがかの平野で見た大いなる試みと、しるしと、奇跡とを行わなければ眠ることができないのとひとしい。家と富とはそのみ声を出されたのが、主であらせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる