ふるさと納税で日本を元気に!

木次花保さんに送る雅歌

木次花保さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

その影でおおわれているこの地、すなわち聖なる献納地の全体は真理です。あなたのみわざをほめたたえ、あなたの額を岩よりも堅いダイヤモンドのようにもろもろのあだの手とサウルの手に託してやぎの子と孫とを断ち、そのすべてのみわざはあなたにへつらい服し、あなたはしあわせである。だれでも小さい事の日を長くするであろう。彼らがギベオンにある大石のところに上って来て売ろうとしても、われわれが期待しなかったといっている町を出たら、いけどりにして、書物にしるされるようになって終るでしょうか、尋ねてみよ、また人は、皆わたしのつまずく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる