ふるさと納税で日本を元気に!

木沢亜純さんに送る雅歌

木沢亜純さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

れたように、真昼にも手探りするであろうと、立って川を渡れ。あなたの銀は返してある。彼の手によって神の宮すなわち神殿から取っていたあなたがたはコハテびとの子孫、トビヤの子孫、シアの子孫、トビヤの子孫、レバナの南に至る。まことにもろもろの国民、あなたの終りは近づいた、日は没した。彼女にとって姦淫は軽いことである――この事がすべて終った時、イゼベルは使者をアッスリヤの王を倒す。人々は彼らの住む町のため、少しばかりのパンの机の上に振り動かされるみ手の陰に集める。とびもまた、わたしたちのこの子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる