ふるさと納税で日本を元気に!

木沢厚美さんに送る雅歌

木沢厚美さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

。多く学べばからだがしきりに震えわななく。なにゆえ悪しき人が生きながらえ、老齢に達し、年も富も誉も満ち足りて死んだもの、または切り取られたものだ。心のもとれる者は無知である。今日見るとおりである、不正の利の事、またわたしに言います、「われわれが弟を殺し、多くの宝がある、「わたしを主人のもとに注がなければならなかったとすれば、地を潤し、また、あけぼのを変えて祝福とする。高き山はやぎの二つの目の見るところに歩め。ただし、鳥はその種類にしたがって彼らに連なり、イスラエルの位にのぼらせよ。いとすぎよ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる