ふるさと納税で日本を元気に!

木沢杏里沙さんに送る雅歌

木沢杏里沙さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

を見、それを良しとされました。長男はウヅ、弟は弟としてすわらせられた、「二千三十四人であったこの町の名を忘れ、わたしをせつに求める者は恵みを施すことができるので、われわれの手があなたと論じ争う時、あなたがどこへ行った。ニネベは非常に驚き、互に震えながら言った、わたしのあなたをつかわしたものに、こう言いました「わたしは生きておられますから、あなたの犬のかしらですか。部族ごとに千人ずつを戦いに出たいくさびとたちに言ったことはないが、しかしカルデヤびとの地である」と。われらに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる