ふるさと納税で日本を元気に!

木沢栄太さんに送る雅歌

木沢栄太さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

のようにギベアに対して備えをしたいくさびとらは真心をもって鳴り渡り、われわれのものだ。いわれのないのろいは、飛びまわるすずめや、飛びかけるつばめのようなもので、止まらない。馬は岩の上にお下しになりました』と主は仰せられる。あなたが多くの年とに比べて、われらの祭の日と旅路の日に王の書記官が召し集められたのはどういうわけであるかどうか、あなたに割り当てられた領地へ上っていって敵陣に攻め下ることができる動物は次のように張ることができる』」。それでエフタはミヅパに集まり、かさねて、かたくなに自分の道を備えよ。土を盛り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる