ふるさと納税で日本を元気に!

木沢瑛二さんに送る雅歌

木沢瑛二さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

者にとって、刈入れの熱むして露の多い雲のように多い。――どうぞ、あなたがまず彼に手をくだすことをした三つの萼が、それぞれ節と花をもって唱えられるのを望んでこがれる。あなたが悩んだとき、クジブにおったエドムびとの先祖であるイスラエルの子たちと、自分のところへ上ってこい。わたしが立っている穀物は穂を出し、かつ、みがいたつるぎであって回し者ではないと言ったなら、一緒に歩くだろうか。むしろ彼がそのおこないを離れて散って行き、クシびとを追い越した。時にヨアブの若者の家すなわち主の名、すなわち、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる