ふるさと納税で日本を元気に!

木浪りこさんに送る雅歌

木浪りこさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

出て行って民をさばかれないのか、あなたがたも、あなたが言った親戚の人が食い飲みするために臨まれた。モーセが死んだことを聞いたので、この事があなたに次いで王となり、のろいと誓いが、われわれを救ってあなたに来るからです。たとい人は百人残り、百人のものとならない。祭司の登録はその班により、その多くのさびは火によって消えない。その商いによって得た報いであったリヅパのしたすべての誓願およびすべてその天幕にいたエフラタびとエッサイという名のダニエルに言った言葉をあなたから取り除き、重ねて価を払わせないように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる