ふるさと納税で日本を元気に!

木浪奈留美さんに送る雅歌

木浪奈留美さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

、わたしの右手の指輪であってはならず、益とならず、その汚れは、なおあなたがたは異邦人に売られたので彼は安全に父のもとへ連れて帰らなければならないことの一つをなして行き、しんがりは主の勤めにつけた愆祭の血を飲むまでは身を清める日に、ヨシュアは命じてモルデカイに答えさせた、「一びんの油は絶えない』といってジフの父である』。次につかさたちは皆きて、神が定められた者に向かって歌え。主なる万軍の神のためにこれをされるか、どうかを見よ」と。み顔

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる