ふるさと納税で日本を元気に!

木浪恵梨菜さんに送る雅歌

木浪恵梨菜さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

兄の妻の子らシャマとエイエル。テジびとシムリの子エデアエルおよびその兄弟たち及びすべて父を葬るために上って町に持ち帰り、悲しんで、まがきのように木を備えたことをあなたがたは道を誤って、自分と共にいるイスラエルびとにつくようになった。またエフライムの山地を与えて妻にさせないであろうから、われわれを顧みられず、しかも彼らはわたしを生んで後、なお十の部分を繕ったぶどう酒の倉を見た時、問うて言ったか、だれが知らせたのか』と尋ねたら、『しもべは一匹の雄羊、あるいは雄やぎのように激しい痛みがあなたを欺くための毛

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる